英語のだじゃれ Part 2 猫だじゃれなど

英語のだじゃれ Part 2 だじゃれで発音のおべんきょう

f:id:spotheory:20160310162105j:plain

だじゃれのなかでも発音がねたのやつ(英語のオヤジギャグ)は英語の発音についてインスピレーションや知識をあたえてくれます。

 

ではQuestionsです。

 

 

Question  A

こんな猫だじゃれを見つけました。どういう意味ですか? ただしい英語になおしてください。こたえはコメント欄にお書きください。最初にこたえてくれた人にはお返事いたします。(解答者があらわれましたのでこの問いの受付はしめきりました。コメント欄をごらんください)

f:id:spotheory:20160310162501j:plain

 You've cat to be kitten me right meow.

 正解は

 

 

 

 

 

 

 

 

You've got to be kidding me right now.でした。

「きみはいま絶対わたしをからかっているな」 

have got to Vは「Vせねばならぬ」の意味のほかに「Vにちがいない」の意味にもなります。これはhave toもおなじです。kittenは子ネコ(kittyはその派生語)ですね。

このしゃれでわかるのは,kiddingのingははっきり「イング」と発音されるのではなく,kittenの最後の部分のような感じでかるく「ン(グ)」となるということです。

 

kidもじつは「子ヤギ」の意味です。でも人間の子どもにも使いますね。その意味から動詞化して「~をkid(だまされやすい子ども)あつかいする」→「人をからかう」と発展したそうです。

 

そういえば日本語にも「子どもだまし」って表現がありますね。

*meow /miau/はネコのなき声です。たいていの言語ではネコのなき声をあらわす語は m の音ではじまります。でも日本語では n ですね。ぼくがしらべた範囲ではイタリア語にだけgnao「ニャオ」, gnau「ニャウ」という表現があります。(イタリア語のgnaは「ニャ」という音です。gnaulare「ニャウラーレ=ニャ-となく」という動詞まであります。Wikipedia「ネコ」に書きましたのでごらんください)ネコ - Wikipedia

 

 

 

Question B  おなじく動物もの。ただしい英語になおしてください。

f:id:spotheory:20160310163521j:plain

Don't listen to him.  He's lion.

 

 

 

Question C おなじく動物もの。ただしい英語になおしてください。

f:id:spotheory:20160310163539j:plain

 Don't worry,  OWL wait.

(解答者があらわれましたのでこの問いの受付はしめきりました。コメント欄参照)

答は OWL [aul] wait= I'll [aɪl] wait.でした。「アウル」と「アイル」だと似てないように思われるかもしれませんが,[ɪ]はあいまいな「イ」なのでI'llは「アウル」に近いのです。

 

 

Question D おなじく動物もの。ただしい英語になおしてください。

f:id:spotheory:20160310163549j:plain

 You are all Giraffing me crazy!!

 

 

Question E こんどは野菜ものです。まとめて解答していただいても一つずつでもいいですよ。

f:id:spotheory:20160310164021j:plain

      #1                 #2          #3           #4             #5

 

それではおこたえをおまちしています。                            Sea Ewe!