秘伝! アクセント ルールのおぼえかた

     秘伝! アクセント ルールのおぼえかた

 

センター試験のテスト演習の成績を見ていると,アクセントの問題がにがてな人が多いですね。

「アクセントなんてなんでいちいちおぼえないといけないかな」と思っている人もいるでしょう。でも英語を話すとき,アクセントをまちがえると通じないことがけっこうあるんです(とくに,短い単語)。

ぼくは母音や子音がおかしかったせいで相手に聞きかえされたことは意外と少なかったです。大学生のとき”Ship”と言ったつもりが,[i]を発音したときくちびるの緊張が強すぎたらしく,イギリス人の先生に Sheep? と聞きかえされた思い出があるくらいです。

でもやはり大学時代,Lincolnリンカーン」と2回言ってもイギリス人にわかってもらえなかったときのことはよくおぼえています。i にちゃんとアクセントをおいていなかったせいでした。

 

これ以来Líncolnは二度とまちがわなくなりました。

 

atheist「無神論者」もついeにアクセントをおいて言ったら聞きかえされたことがあります。正しくはaが強いのです。

 

単語のアクセントをちゃんとおぼえるにはどうしたらいいでしょう?

 

もちろん,その単語の音をなんども聞き,なんども発音することです。

 今は電子辞書の音声ボタンをおすだけできれいなnativeの発音がなんどでも聞けますね。

 

 音声ボタン使ってますか? 使わないと損ですよ。

 

でもテストではじめて見る単語が出たらどうすればいいんでしょう?

アクセントにはルールがあることはみなさん知っていますね。

 

-eerで終わるcaréer, pionéer, enginéer, voluntéerは全部-éerのところにアクセントがありますね。

 

-icという語尾で終わる語は,-icの直前にある母音が強いことを知らない人はあまりいないでしょう。 economic, romantic, systematicなどはこのルールを知っていればまちがうことはありません。aristocratic, bureaucratic, pragmatic, esotericのようなむずかしい語をはじめて見ても,自信をもって発音できますね。(póliticsは例外!!)

 

でも,こういう語尾のルールはけっこうたくさんあるので,そのルールをおぼえるのがまたひと苦労ですね。

 

そこでそのルールをひとまとめにして忘れないようにするために,語尾をおりこんだ暗記用の俳句みたいなものを作ってみました。元素周期律表のおぼえかた「ベッドにもぐれば彼女の・・・」みたいなもんです。もしこれでおぼえられそうなら,使ってみてくださいね。

 

まず,-icのように「直前の母音にアクセントがある」語尾です。

f:id:spotheory:20150916232945p:plain

これを作ったのはぼくが塾で教えはじめた20代のころです。ちょっとなつかしいです。

「イアンとイオンがいっしょにはるばるイカルガシティに行く」に深い意味はありません(Ianという人はほんとにいますが,Ionさんはどうでしょう)。

 

 -sal, -valの直前にアクセントがあるのは「動詞の名詞形」ですから注意しましょう。-sal, -val 以外の-al一般についても言えます。

 propósal,  arríval, survíval, revíval,  deníal

それ以外の-alはふたつ前が多いです。

 féstival, oríginal

 

-icalをおぼえるなら,ついでに-ialと-ualもいっしょにおぼえなきゃ損。-icalのcをぬけば-ial, -ialのiをuにかえると-ualになりますからね。(spíritualは例外!)

 

-ity-etyもあわせておぼえてください。-ian-ientもできればいっしょにおぼえましょう。

 

この「イアンとイオン・・・」にはいってない語尾がいくつか気になっていました。それをまとめたのが「直前の母音にアクセントがある語尾 part 2」です。これは去年思いついたばかりの新作です。

 

f:id:spotheory:20150916234109p:plain

 

 「いつでもシブくきめてるね!」これをおぼえると,さっきのとあわせて計12個の語尾をgetたことになります。

 

さて,こういうおぼえかたもまあありでしょうが,ぼくがほんとうにすすめたいのは,

 

  「ルールをふくむ単語でルールをおぼえる」

 

ことです。

 

考えてみてください。みなさんは歌のメロディをわすれて歌詞だけをおぼえているのと,歌詞をわすれてメロディだけをおぼえているのでは,どちらが多いですか?

 

人間は音自体をおぼえるほうが,文章をおぼえるよりとくいなのです。

 

だから「-graphは2つ前」とかおぼえるより,そのルールをふくむphótograph という単語をなん回もくりかえして聞いたり言ったりしておぼえてしまうほうが確実なのです。

 

そしてたとえばテストにtelegraphが出たら「えっと,phótographと同じ語尾だからひとつ,ふたつ前で,télegraph !」と考えればいいんです。

 

ついでですが,-graphと-graphyはちがいますよ!photógraphy はgraphyの直前のoにアクセントです。注意してね。これも「graphyは直前」とかおぼえるくらいなら, photógraphy,photógraphy,... と10回ほどくりかえしておぼえちゃうほうがいいです。

 

それではこの考えかたでこんどは「2つ前の母音にアクセントがある語尾」のルールをおぼえましょう。

 

f:id:spotheory:20150916233100p:plain

これも去年,東京の数研出版に行くときに新幹線の中で思いついたばかりのものです。ふくまれているのは重要な語尾ばかりですよ。

 

 It’s dangerous

to criticize

his favorite

photograph

immediately.

「かれのお気にいりの写真をすぐに批判するのは危険だ」です。

 

 これは文法的にもいちおうあってるし,ちゃんと意味のある文です。

かれの部屋にはいって即,かべにはってあるアイドルのポスターを見て

 

「だれこのブッサい女?」

 

なんて言うと危険でしょ?

 

immediatelyのlyは,ついてもつかなくてもアクセントに影響ない語尾なので,無視してください。

 

-ateセンター試験最頻出語尾ですね。2008年なんてこの語尾をふくむ語が3つも出ました。あ,この年に出たadequateには注意!quは[kw]と発音するので,このuは母音じゃありません。だから

ádequateが正解。

 

それでは,ここまで出てきたルールをおぼえた人は,つぎの単語のアクセントがある母音をあててください。むずかしい語もありますが,意味がわからなくてもアクセントはわかるはずです。

 

(1) definite

(2) biography

(3) identical

(4) politician

(5) recognize

(6) establish

(7) perpetual

(8) aptitude

(9) fabulous

(10)speedometer

 

 

 

    解答

 

    ↓

 

 

 

 

    ↓ 

 

 

 

(1) définite

(2) biógraphy

(3) idéntical

(4) politícian

(5) récognize

(6) estáblish

(7) perpétual

(8) áptitude

(9) fábulous

(10)speedómeter